ヘアドネーションという選択肢 〜どうせ切るなら〜


伸び切った髪をバッサリ切ってしまいたい。

そんな時どうするか。

「どないしょ…」

ヘアドネーション!!!!!

唐突にくそさぶい事をぬかしました。

どうも、いきなり寒波です。

神崎郡神河町Rita’の植垣(ウータン)です。

酷いですね。

大幅に空振りしました。

それはさておき、本題へと参りましょう。

先日お客様よりLINEで、こんなご相談が。

おお!!!ヘアドネーション!!!!

よくご存知で!!

最近お客様に驚かされる事が多いです。皆さん色々とよく知っておられます!!

ヘアドネーションとは…

ヘアドネーションとは

頭皮・頭髪に関わる何らかの病気が原因で髪の毛を失い、ウィッグを必要としている子ども達に、医療用ウィッグの原料となる毛髪を間接的に提供すること。
寄付された髪の毛は、当団体によって選別・加工の工程を繰り返したのち、ウィッグとして生まれ変わり、レシピエントの元に届けられています。

ヘアドネーションとは病気の治療の副作用や、頭髪・毛髪に関わる病気を理由として髪の毛を失い、ウィッグを必要とする人々に、ウィッグの原料となる毛髪を間接的に提供...

医療用のウィッグを作るために、31cm以上の髪の毛を切って寄付するという、1つのボランティア活動です。

素晴らしい活動だと思います。

僕はオススメしている訳でもありませんが、お客様自身が望まれるなら、いくらでもご協力させて頂く姿勢です。

どうせ切る毛だし、誰かの役に立てるのならそれもまた嬉しい事ですよね。

ヘアドネーションの流れを書いていきます。

まずご来店頂いたお客様に「ドナーシート」をご記入して頂きます。

こちらには、無記名で構いません。髪の状況などを簡単に明記して頂く程度です。

髪を送る際にドナーシートも一緒に送ります。

カウンセリングで長さやスタイルを決めていきます。

31cm以上の髪が必要ですがこのお客様は余裕で足りてました。

JA兵庫西で測ったので間違いありません!!!!

髪を縛っていきます。

1つに縛って切ってもいいのですが、毛量が多いと切りにくい上に、その後のスタイル作りにも多少差し障るので複数縛っていきます。

おおむねタコみたいになります。

バッサリいく訳ですし、軽くお遊び程度にご自身で断髪!

ザクザクっと。

普段髪を切る。なんて事はあまりないのがお客様だと思うので、割とテンション上がったりもします^ ^

これが誰かの役に立つかと思うと、バッサリいくのを後押ししてくれる感じもしますね。

切り終えた毛束たちはそれをまたゴムで一括りにして袋に詰めて封筒にインします!

後は投函するだけです^ ^

割と簡単にできます。

JA兵庫西によると、約40cmありますのでOKドネーションです。

後は美容師さんに任せてスタイルを作っていけば完了です。

かなり毛量もあるお客様でしたので、しっかり目に梳いて収まりを重視して切らせて頂きました。

軽くなりました。今後出産も控えてるという事で手のかかりにくいスタイルに。

ヘアドネーション。

こういう選択肢もあります。

そんなの偽善だ。って思うよりも、どうせ切るんだし誰かの役に立てるならやってみよう。

そんな軽い気持ちでいいんだと思います。

誰の手に渡るかも分からないし、誰から貰ったかも分からない。

でも切り終えた時には、普段よりも少しだけ清々しさが増したように感じました。

お客様も同じ気持ちだったと思います。

ご参考までに^ ^

僕も初めての体験でした。

 
 

うーたん

 
 
各種snsにも日々投稿してますので、お気軽にフォロー、友達申請して下さい^ ^

Instagramはページ最下部

お電話でのご予約もお受けしてますがLINE@からのご予約が便利です!!
事前のご相談や、アフターフォロー、営業時間外にもLINEで簡単予約出来ます^ ^

↓こちらから友達追加お願い致します↓

友だち追加

The following two tabs change content below.
uegaki tsutomu(u-tan)

uegaki tsutomu(u-tan)

オーナー兼スタイリストRita'(リタ)beauty select space
•美容師歴 13年 • 得意スタイル ボブ、ショート、 men'sスタイル •神崎郡神河町にRita'をオープン。 •居心地の良い空間造りを提供していきます。 •得意スタイル→"収まり重視の大人ボブ""エッジの効いたショート""ふんわりショート"men'sスタイル,質の高いカラーでトレンドを取り入れています •ご相談、ご予約はLINEからが便利です。 LINE ID. @u-tan ☎︎ 0790-35-8001

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。